日に日に春の陽気が感じられるようになってきましたが、まだまだ上野地区は多くの雪に包まれています。先日は朝早くから「しみ渡り」に出掛け、雪の上を走って楽しんだり、ウサギの足跡を見つけ足跡を追ったりと寒さ厳しい中でも、雪国ならではの遊びを楽しんでいます!
 先日、3月4(土)~5日(日)に開催された、かわにし雪まつりに向けて上野保育園も雪像を作りました。年長児が中心となり、どういった雪像にするかなど子どもたちで話し合い、雪を集める事から始まりました。年少、年中児もソリに雪を積んで運んだりと汗をかきながら手伝う子の姿も。「もっとこっちを削らなきゃ!」「いっぱい雪持ってきたよ!」と声が響きながら、最後の仕上げは年長組が作った飾りを雪像に貼り付け、完成しました!!とっても可愛いく仕上がった雪像を見て「かわいいね!」や「ちょと太ってない?」なども声も…。
4日(土)には、審査の方が見に来て下さいました。

結果は……

見事「優秀賞」を頂きました!!

週明けの集会で子どもたちにも発表し、賞を取ったこと事を皆で喜び合いました!!