この度の東日本大震災並びに長野県北部地震の被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。
 震災の影響による電力供給事情の低下に伴い、社会的な節電行動が求められています。当法人もこれを受けて6月7日に法人節電対策会議を開催し、下記のとおり方針を決定いたしました。
 各事業所内ではサービス提供に影響のない範囲で鋭意取組みを行います。

1.契約電力15%カット

 最大需要電力の15%カットを目指します。

2.節電の具体的内容

(1)冷房設定温度 28℃の励行

(2)照明の間引き

 廊下やホールなど直接処遇に影響のない個所など、照明の間引きを行います。

(3)不要な照明、換気扇を切る

 照明や換気扇のスイッチはこまめに切る。

3.節電対策の研究

 職員ひとり一人のアイデアにより様々な形で節電を行います。またデマンド監視装置の設置やLED照明器具の導入について研究し必要な節電対策を行います。

 

 これらを具体化するために各事業において節電行動計画を作成し、実施をいたします。

尚、実施にあったては入居者、利用者に影響が及ばぬように最大限配慮いたします。