十日町福祉会とは

TOP > 十日町福祉会とは

ごあいさつ

社会福祉法人十日町福祉会は平成20年(2008年)福祉会あかね会と十日町寿福祉会が合併して誕生しました。お陰様で平成30年(2018年)に10周年を迎えることになります。
この間、合併に伴う諸処の課題を600人を超える職員と一緒になってひとつずつクリアし、高齢事業、障害事業、保育事業を主とした15事業所の社会福祉法人として地域のみなさまに貢献できる企業として位置づけることができました。
これからの高齢化社会における我々の使命は児童、高齢、障害の3事業を通じて、共生型社会の構築にあります。地域の皆さんと職員、そして関係機関と連携しながらその実現に向かって邁進して参りたいと思います。

理事長 村山 薫

経営理念

十日町福祉会は、社会福祉事業を通じて、多様な福祉課題に積極的かつ主体的に取り組み、
地域社会の豊かな発展と充実に貢献します。

経営方針

人権の尊重
お客様の自己決定と選択を尊重し、その権利擁護を実現するとともに、個人の尊厳に配慮した良質かつ安心・安全なサービスの提供に努めます。
地域との共生
地域における福祉システムの構築に主体的に関わり、関係諸機関との連携・協働により、地域の福祉課題に取り組みます。
人材育成、適切な人事・労務管理の実践
経営の持続と発展を図るため人材の育成に努め、職員の自己実現に寄与するとともに、適切な人事・労務管理を実践します。
財務基盤の安定化と公共的・公益的取組の推進
安定的な財務基盤の確立のもと、地域の福祉ニーズに即応した先駆性、開拓性のある社会貢献を推進します。

概要

名称社会福祉法人十日町福祉会
設立2008年10月
所在地十日町市水口沢99番地
代表者理事長 村山 薫
事業内容介護保険事業 高齢者福祉事業 障害者福祉事業 保育園事業
職員数606人(H29年3月31日現在)
定款定款
事業報告書WAM NETにて公開中です

沿革

平成20年10月1日

社会福祉法人十日町福祉会 発足
理事10名、監事2名、評議員22名、職員367名

(本部事務局) 新潟県十日町市新座甲609番地2 ケアセンター三好園しんざ 内

<事業所名>
・特別養護老人ホーム 三好園
・特別養護老人ホーム あかね園
・ケアセンター 三好園しんざ
・複合型介護施設 三好園四ツ宮
・ケアハウス みよし台
・知的障害者更生施設 なかまの家
・知的障害者授産施設(通所)(分場)なごみの家
・障害福祉サービス事業所 ワークセンターなごみ
・共同生活介護、共同生活援助事業 千手かたくり
・障がい者地域生活支援センター あおぞら
平成20年10月10日法人合併記念式典
平成21年4月1日グループホームしんざ 開設(定員7名)
平成22年4月1日グループホームかんぱら 開設(定員5名)
平成23年5月1日複合型介護施設よしだ 開設
(定員 特養29名、グループホーム18名、通所30名)
平成24年4月1日新座保育園 開設  (定員60名)
平成24年4月1日障害福祉サービス事業所 ワークセンターかわにし 開設
(定員 就労継続B型15名、生活介護12名)
平成24年7月1日法人本部移転
(本部事務局) 新潟県十日町市水口沢99番地
平成25年10月1日ヘルパーステーション十日町 開設
平成25年10月1日放課後等デイサービス事業所 開設 (なごみの家併設)
平成25年10月1日なかまの家従たる事業所 なかまの家千手(定員15名)開設
平成26年1月24日5周年記念式典
理事10名、監事3名、評議員22名、職員515名
平成26年8月1日グループホームいずみ 開設  (定員7名)
平成27年4月1日上野保育園 開設  (定員80名)
平成27年4月1日十日町北包括支援センター 開設(三好園内)
地域包括支援センター三好園しんざ 十日町東包括支援センターに改名
平成28年2月1日グループホームはら 開設 定員6名
平成28年3月1日障がい者地域生活支援センターあおぞら 移転
平成28年4月1日ワークセンターなごみ従たる事業所 開設 (定員5名)
喫茶店「わっかふぇ」開店
平成28年4月1日グループホーム上野あじさい 開設 (定員7名)
グループホーム上野なでしこ 開設 (定員7名)
平成28年7月1日ケアホームうえの 開設
(定員 グループホーム9名  小規模多機能型居宅介護事業 登録29名)
平成30年4月1日ケアホームげじょう 開設
(定員 障害事業:就労継続B型10名、生活介護19名、放課後等デイサービス10名
高齢事業:日常生活支援総合事業 通所型サービスA 10名
保育事業:放課後児童クラブ30名)